自転車選びのポイント

●目的を考える
 通勤・通学で使うのか、普段の運動やダイエット目的で使うかなど、目的によってその人に適した自転車は違ってきます。
「通勤距離は短めで、休みの日には山を走る」、「通勤距離が長く、通勤以外では殆ど乗らない」という人もいます。その方のライフスタイルによって最適な自転車を選ぶ必要があります。

●体格・体力を考慮する
 同身長でも足の長さは人によって違います。女性の場合は男性よりも握力が弱い方が多いので、安全性を考慮してブレーキの握りやすいものを選んだりします。
 お客様の体格・体力に合わせた最適化・カスタマイズが重要になります。

●ママチャリはNG?
 シティサイクル(通称ママチャリ)は上体を立てて乗るので、前傾姿勢で走るロードバイクと違って空気抵抗が大きく、運動量に比して走行距離がのびません。また、下り坂では走りが不安定になりやすいため、アップダウンの多い丘陵での走行や長時間走行には向いていません。
 自転車の自重も関係します。一般的なシティサイクルの場合、20kg近くあります。それに対してクロスバイクの場合は10kg以下。走破性は全く異なります。

グラベルロードバイク

主にダート(砂利道)と舗装路両方の走行を視野に入れた、長距離走行向けのロードバイク 。グラベルロードと呼ばれる。

詳しくはこちら

クロスバイク

ロードバイクにMTBのようなフラットバーハンドルを装着した街乗りモデル。ロードバイクのような深い前傾姿勢にならず、上体が起きたリラックスポジションで乗りやすい。

詳しくはこちら

ロードバイク

舗装路を高速走行するための自転車。ロードレーサーと呼ばれることもある。溝が浅く少ない、幅の細い高圧タイヤを履き、転がり抵抗の減少を図っている。

詳しくはこちら

マウンテンバイク(MTB)

山道などの未舗装路や段差越えなど広範囲の乗用に適用 。 ハードなダートロード走行を楽しむため、上り・下りコースの走破性も高めるサスペンションを備えている。

詳しくはこちら

e-Bike

『e-Bike』は、電動アシスト機能を持つ自転車のことを指します。 『e-Bike』の『e』は電気を意味する『electric』の頭文字であり、人間がペダルを踏むときの力を、電動モーターが補助します。

詳しくはこちら

キッズバイク

ヨツバサイクルのキッズバイクの取扱いをはじめました。ヨツバサイクルは2016年に日本で誕生したキッズバイク専門ブランド。「自転車あそびの楽しさを子どもたちに」をコンセプト...

詳しくはこちら

ロードレーサーからキッズサイクルまで、何でもお気軽にお問い合わせください。049-293-3643営業時間 11:30 〜 19:30(火・水定休)

お問合わせ